ステーツトップ » ステーツの家づくり » 安心万全の構造・住環境

安心万全の構造・
住環境

暮らしを、家族を、家を守る
ステーツのこだわり。

安心万全の構造・住環境

01

近年の地震にも耐えた
頑強構造

近年の地震にも耐えた頑強構造

ステーツの住宅は、
倒壊・半倒壊なし。
近年の強い地震にも耐えた
頑強構造です。

  • 東日本大震災(最大震度:7)
  • 新潟県中越沖地震(最大震度:6強)
  • 新潟県中越地震(最大震度:7)
  • 岩手、宮城内陸地震(最大震度:6強)

金物工法

柱・梁の断面欠損が少ないので高強度を保つ。

  • 金物工法

    頑強な構造を実現するための重要なポイントは、接合金具を施工する際に、 柱や梁の断面欠損をできるだけ少なくする点にあります。 従来の一般的な木造在来軸組工法では柱と梁の仕口(接合部分)の加工として、 通し柱に二方向以上の彫り込み(断面欠損)がおこなわれ、部分的に強度が低下していましたが、 ステーツが採用する金物工法の場合は12mmの取付用ボルト穴を加工するだけで済み、 断面欠損を最小限に抑えることが可能になりました。

02

強く、曲がりにくく
長持ちする集成材

強く、曲がりにくく長持ちする集成材

集成材

木造の大型建造物には「強度性能」が明確な集成材を使用。

  • 集成材

    ステーツでは、建てた後の性能をずっと維持するために.強く、曲がりにくく、長持ちする、集成材を使って安全な構造をつくります。
    集成材をステーツが使用している理由は、一般のムク材に比べ集成材の「強度性能」にはバラツキがほとんどないからです。バランスの良い、強い構造をつくるためは、構造材一本一本の強度・品質が均質で、明確であることがとても重要になってきます。JAS(日本農林規格)に「集成材」が採用されている理由もこの「強度品質」の明確さにあります。

03

湿気を防ぎ、シロアリを防ぐ、
共同沈下が起きにくい基礎

基礎

布基礎とベタ基礎の違いについて。

  • 布基礎

    布基礎

    それぞれの基礎で荷重をささえる

    基礎の設置面積が小さいので地盤にかかる圧力が大きく、基礎の列が独立しているので、不同沈下の影響を受けやすい

    不同沈下に伴い、傾く危険性

  • ステーツ
    標準仕様

    ベタ基礎

    ベタ基礎

    一体化した基礎全体で支える

    基礎の設置面積が大きいので地盤にかかる圧力が小さく、一体化されているので、不同沈下の影響を受けにくい。

    不同沈下でも傾く危険性が少ない

地盤の構造

地盤調査について。

  • 地盤の構造

    基礎を築く際に敷地の環境調査を実施いたします。地盤の固さだけではなく、土質や土質定数、分布状況を把握いたします。 必要に応じて地盤改良を行い、最適な基礎づくりを行います。基礎地盤設計、施行において、 不同沈下のない地盤の品質を保証いたします。

換気の構造

平面図で見た換気システムの排熱効果について。

  • 換気の構造

    床下換気に基礎パッキンを使用し、土台の湿潤を抑え、腐朽菌やシロアリの発生を未然に防ぎ建物の土台を守ります。床下換気口を必要としないため、基礎の耐力向上に役立ちます。

04

心地よい空気環境棟換気・
壁体内通気法

空気環境

棟換気・壁体内通気工法について。

  • 空気環境

    屋根の棟に設けた換気口から、小屋裏の空気を排出します。
    こもった熱気や湿気を排出することで構造材の劣化を防ぎます。
    換気は建物を湿気から守り、耐久性を維持するための重要な要素です。
    壁内部に通気層を設けることで内部の湿気を排出します。
    カビやダニの原因となる壁内結露を防止し、建物の耐久性を維持します。